富士薬局 日乃出店様 ピックアップレポート

【薬局業務の効率化と質的向上を目指して】富士薬局日乃出店 2017年7月31日 (月)   薬事日報

地域住民の多様な相談に対応‐選ばれ愛される薬局に

 群馬県を中心に17店の薬局を展開している富士薬局グループは、調剤や服薬指導に加え、地域住民の多様な健康相談等に応えられる「かかりつけ薬局」を目指している。同グループの富士薬局日乃出店(群馬県伊勢崎市)でも、かかりつけ薬剤師・薬局に必要な機能をサポートするズーの「kusudama(薬玉)」を導入。薬剤師が1人1台タブレット端末を持ち、薬局の内外問わず全ての業務をサポートする画期的なツールである「kusudama」を活用し、業務の効率化を図ると共に質向上に努め、地域住民から選ばれ、愛される薬局になるべく日々の業務に邁進している。

かかりつけ機能をサポート

内田氏(左から2人目)

2008年に開設された日乃出店は現在、薬剤師3人、事務スタッフ3人というスタッフ構成になっている。薬剤師は通常2人体制だが、在宅の取り組みも行っており、薬剤師が1人になる時間帯も増えている。1日に応需する処方箋枚数は平均で60~80枚で、隣接する内科、泌尿器科のクリニックがメイン。このほか、近隣の医療機関からの処方箋に加え、施設および個人在宅の処方箋にも対応している。在宅に関しては、施設在宅が7月現在で3施設、個人在宅についても増えつつある状況だ。

そうした中、同店では17年5月「kusudama」を導入した。同店の薬剤師である内田規美夫氏は導入にあたって、ジェネリック医薬品の入力間違いや規格などのアクシデントに対し、PDA(携帯情報端末)を取り入れた監査システムを導入しアクシデントを減らしたいと考え、そのほかにも、▽在宅対応などで1人薬剤師となる時間帯が増えており、調剤に対する不安を減らしたい▽在宅対応時にも情報を持ち出すことができる▽レセコンと電子薬歴、POSレジが一体型▽OTC医薬品への対応などセルフメディケーションを支援する機能――などを求めたという。

バーコードリーダーを用いて棚から錠剤をピッキング

そうした観点から検討した結果、ズーの「kusudama」を導入。実際に日々の業務においてシステムを使用している内田氏は、「PDAが、特別な登録の必要はなく誰にでもすぐに使えること」や「レセコンと電子薬歴が一体型のため、薬剤師と事務スタッフが得た情報を共通で使用でき、伝達漏れや伝達間違いが少なくなった」等を利点として挙げると共に、具体的な機能についても言及。「処方箋をスキャンし、それを見ることができるので、前回処方などが確認しやすい。また、ピッキングの際は調剤指示がタブレット画面に表示されるので、バーコードリーダー(ハンディスキャナ)を使って棚から錠剤をピッキングすることも安心感となっている」と評価する。

また内田氏は、タブレットがあることが優れた点の一つとして指摘する。「タブレット画面(薬歴など)を患者さんに見せながら指導・相談ができたり、待合室などに座っている患者さんのもとにタブレットを持って移動することも可能。自宅などで問い合わせがあった場合も、薬歴を参照することができるので、24時間対応のかかりつけ薬局として非常に活用させていただいている」と語る。

さらに同店が注力している在宅医療への関与という面での効果も高いという。内田氏は「在宅対応時にもタブレットを持っていくことができ、医師から薬の内容に対する質問等があった場合にその場で確認して対応することができたり、オンラインでつながっているので、店舗の業務状況やリアルタイムな在庫状況の把握もできる」とし、「在宅先でタブレットによる撮影や入力することでリアルな情報を得ることができ、また薬歴や報告書の記載などにかかる作業時間も短縮することができた」と話す。

さらなる患者サービスの向上へ

1人1台タブレット端末を持ち、薬局内外を問わず活用

このように「kusudama」を活用することで、同店では今後、さらなる薬局内の業務の効率化を図り、支援内容や安全管理、待ち時間の短縮などをはじめ、患者サービスの向上に取り組んでいく方針。また、「kusudama」の持つ“OTC薬の販売記録が薬歴に残り、販売記録等として確認できる”“処方薬とOTC薬の飲み合わせチェックができ、OTC薬などの薬剤情報の提供をサポートする”などの機能も活用し、薬局で求められるOTC薬などを揃えて地域住民のセルフメディケーションを支援できる薬局を目指していく。
さらに、内田氏は「患者さまに対して、きちんとした対応で薬や健康面で安心してもらうことがかかりつけ薬局の使命。患者さまに安心感を与えられるよう、服用している薬をはじめとした患者さまの情報をしっかりと理解し、薬や健康面に加え、患者さまの生活面の状態等も把握した上で、投薬や服薬指導を行っていきたいと思う。また、弊社のテーマである“あなたのために私がいる”を実現し、思いやりの心を持った姿勢で患者さまに対応し、地域住民に選ばれ、愛される“かかりつけ薬局”として、地域に貢献していく」との考えを示す。

有限会社富士薬局様HPはこちら

あいケア薬局グル−プ(株式会社フラント)様HPはこちら

富士薬局グル−プ(有限会社富士薬局、株式会社フラント)様 導入薬局 

 

富⼠薬局 本店様

群馬県太田市

富⼠薬局 中央店様

群馬県太田市

富⼠薬局 ⼤泉店様

群馬県邑楽郡

富⼠薬局 ⼤島店様

群馬県太田市

富⼠薬局 ⾼林店様

群馬県太田市

富⼠薬局 ほほえみ様

群馬県太田市

富士薬局 日乃出店様

群馬県伊勢崎市

富⼠薬局 東前橋店様

群馬県前橋市

富⼠薬局 あずま店様

群馬県伊勢崎市

富⼠薬局 藤阿久店様

群馬県太田市

あいケア薬局 行徳店様

千葉県市川市

あいケア薬局 浦安店様

千葉県浦安市

あいケア薬局 鬼高店様

千葉県市川市

あいケア薬局 前原店様

千葉県船橋市

さくらそう薬局様

埼玉県さいたま市

あいケア薬局 野川店様

神奈川県川崎市

あいケア薬局 本郷駅前店様

長野県長野市

あいケア薬局 西和田店様

長野県長野市

富士薬局 南矢島店様

群馬県太田市