KUSUDAMA of Tablet
調剤薬局の業務をすべてタブレットで!

薬局業務トータル支援システム

kusudama(薬玉)は、 薬局業務全てをタブレットで行うことにより、 患者様との対話時間を増やし、 かかりつけ薬剤師の「対人業務」を サポートするシステムです。

kusudama(薬玉)は、 薬局業務全てをタブレットで行うことにより、 患者様との対話時間を増やし、 かかりつけ薬剤師の「対人業務」を サポートするシステムです。

在宅業務をサポートします!

在宅業務をサポートします!

kusudama(薬玉)は、これからますます重要性が増す、在宅業務にも使うことができます。残薬管理、服薬指導、訪問スケジュールの登録など忙しい現場でも直感的に操作可能です。

*当初は「kusudma(薬玉)」(タブレット製品)導入店舗様のみの適用となります。以降、順次対応して参ります。

タブレットの カメラ機能が大活躍!

タブレットの カメラ機能が大活躍!

タブレットのカメラ機能が大変役立ちます!受付時、ピッキング、監査時、会計時、在宅業務など、カメラ機能を最大限に活かし、様々なシーンでカメラ機能が活躍します。

リスクマネジメント機能で 処方せんに潜むリスクを警告!

リスクマネジメント機能で 処方せんに潜むリスクを警告!

処方薬と患者情報から、処方せんに潜む注意すべき情報(リスク)を警告し、より安全に患者様への調剤が行えるようになりました。 リスクが存在する場合 、通知情報としてアクションセンターに登録されます。 各調剤業務画面、在宅機能の訪問薬歴にあるベルアイコンまたは調剤状況一覧 画面の患者アイコンをタップすると「お知らせ」が表示されます。 チェックは7項目 1 妊婦(妊婦/授乳婦)禁忌 2 食物(卵白・牛乳)アレルギー禁忌 3 病名禁忌(患者設定と処方薬のチェック) 4 薬剤アレルギー禁忌 5 併用禁忌/重複投与 6 年齢区分(新生児/乳児/幼児/小児/高齢者)禁忌 7 処方制限(使用量制限/長期投与日数/湿布70枚制限/用法用量)

薬局内の業務を 「見える化」します!

薬局内の業務を「見える化」します!調剤状況画面を確認することで「誰が何の業務を行っているか」「お待たせしている患者様はいないか」など、局内の今を視覚化し、スタッフ全員で情報の共有化ができます。

簡単「スタンプ」機能が便利!

受付コメントをその場で簡単に入力できるようにするため、スタンプ機能を搭載しました。受付時、「ファックス処方箋」「店内で待機かどうか」「お急ぎかどうか」など、メモを残しておきたい時にワンタップで「スタンプ」を簡単入力することができます。

付加情報へアクセス!

「薬品名を長押し」で、その薬品の付加情報へ素早くアクセスすることができます。疑義照会やヒヤリ・ハット情報、添付文書の参照など、詳細な情報をすぐ調べることができます。

スキャナで処方入力!

処方箋に掲載されたQRコードの読み取りはもちろん、OCR読込でQRコードがない処方箋も簡単に登録が可能です。薬局業務における処方入力の簡便化を図る事ができます。

セルフメディケーション税制対応

セルフメディケーション税制対象商品の読み込みを行うと、商品名の前に「★」が付与された形で表示します。 「★」印はレシートにも印字されます。

kusudama(薬玉)で情報分析

「kusudama.idx(くすだまドットインデックス)」で薬局業務履歴を集計し、受付件数推移や、疑義照会履歴など経営者視点から情報閲覧ができます。

導入イメージ

リスクマネジメント機能で 処方せんに潜むリスクを警告!